本文へジャンプ
Hand Kart
自分で出来る整備は自分でします
工夫をすれば結構出来るものです

マシンに対する愛着やマシンの状況を把握するの為にも、なるべく自分で触ります
カートと車椅子の間に中間ぐらいの移動用の台を用意します

カートは地面スレスレの高さですので、車椅子から直接は難しいです
用意した移動用の台に移ります
カートは簡単なつくりですので、意外と近くまで寄る事が出来ます
カートのシート上部に手を掛でお尻をシートに下ろしていきます

右足は予めハンドルの下にあるガソリンタンクを越えた辺りに送っておきます
乗り込みは完了
両足をアクセル、ブレーキペダルの位置まで伸ばします
(アクセル・ブレーキは動かないように固定されています)
足首をベルトで固定します
足元はすぐ路面が見えている状態なので、振動やスピン時に脚が路面に落ちないようにするためです
ひざの上でも固定します
シートに取り付けたベルトでお腹を固定します
カートは想像以上に身体が前後左右に振られます
ヘルメット・グローブを付けたら GO!